寝袋の種類(シュラフの種類)

寝袋

今日は携帯用寝具として寝袋」=「シュラフ」=「スリーピングバッグ」についてご紹介します。

※ 英語:Sleeping Bag(スリーピングバッグ)
※ 
ドイツ語:Schlafsack(シュラフザック)

種類が多くて何買っていいのかわからない方はぜひ参考にして頂ければと思います。様々な素材・形がありますが、季節に合わせて布団を使うように、寝袋も環境によって使い分けをすることで快適に眠ることが出来ます。


寝袋の種類と特徴

封筒型(レクタングラー型)

ゆったりと寝ることのできる寝袋です。四角い封筒のような形で布団のように使用することも可能です。収納性は劣りますので移動の少ないキャンプに適しています。

封筒型(レクタングラー型)

 マミー型(人形型)

体のラインに沿ったデザインで多少窮屈に感じる場合もありますがコンパクトに作られていて収納性にも優れたタイプです。山岳用の寝袋に適しています。

マミー型
マミー型(人形型)

人型

足が離れているので寝袋に入ったまま歩いて移動することが可能です。腕もそれぞれ動かせ、手の部分だけを出すこともできるので、ちょっとした作業も寝袋に入ったまま可能です。但し、手足が離れてしまうので寝具としての保温性は、封筒型(レクタングラー型)やマミー型と比べると落ちることは否めません。

人型シュラフ
人型シュラフ

ポイント

素材

中綿の重量 … 多くなれば収容性は低下するが保湿力は増加します。

生地 … 表面はナイロン製ですが、裏面はナイロン製と綿(コットン)製の物があります。また、インナーに取り外しのできる「フリースブランケット」などを装備しているタイプもあります。

中綿のタイプはご家庭の布団と同じように以下の化繊タイプと羽毛タイプがあります。

化繊タイプ

多少濡れても保温力を維持します。メンテナンスも洗い方によっては洗剤でも洗うことが可能。丸洗いOKは洗濯機で大丈夫ですがそれ以外は手洗いが良いです。乾かす時の注意点として「直射日光」は避けましょう。生地や中綿を痛める原因になります。また簡単に乾くものではありませんので十分に乾燥させてから収納するようにして下さい。

ホローファイバー(化繊タイプ)

主に繊維内部がマカロニ状の中空部を持っている化繊です。繊維内部が中空になっているので軽量で乾きやすい特性があります。

マイクロファイバー(化繊タイプ)

極細のポリエステル繊維で、従来のホローファイバーより高い保温性蒸散効果を兼ね備えた柔らかく暖かい中綿素材です。中綿重量が抑えられるので、コンパクトに収納が可能です。コンプレッションバッグでより小さく収納可能になります。

ウルトラファインファイバー(化繊タイプ)

速乾性が高いので丸洗いもOKです。大型洗濯機で洗濯ができ清潔に保管できます。マルチレイヤー構造により耐久性を高め、繰り返しの洗濯にも強くなりました。

羽毛タイプ

非常に軽量で収納性にも特に優れ、保湿力も抜群です。デメリットとして、汚れに弱い金額が高価濡れてしまうと保湿力がまったくなくなってしまいます。

使用温度目安(耐久温度)

寝袋には使用温度目安(耐久温度)が記載されています。「記載温度+5℃程度」を目安に選びましょう。「夏用」、「冬用」、「3シーズン用」と記載があることもあります。

※ 3シーズン…春~秋向け(5~25℃)

保温性については中綿の重量も関係してきます。中綿が少なければ軽くなりますが、少ない分だけ薄くなるため保温性が下がります。中綿が多ければ保温性が高くなりますが、その分重くなります。

合せて用意したい物

地面の底冷えやゴツゴツを低減する為にも寝袋と合わせてマットも準備しましょう。

マットについては後日別記事でご紹介致します。

寝袋関連のメーカー一覧

ここは商品誘導サイトではありませんのでリンクは貼りませんが以下のように多数あります。

  • Coleman コールマン
  • mont-bell モンベル
  • snow peak スノーピーク
  • LOGOS ロゴス
  • SEA TO SUMMIT シートゥサミット
  • NANGA ナンガ
  • DOD ディーオーディー
  • deuter ドイター
  • Snugpak スナグパック
  • キャプテンスタッグ CAPTAIN STAG
  • PUROMONTE プロモンテ
  • CAMELBAK キャメルバック
  • キャンパーズコレクション Campers Collection
  • NorthEagle ノースイーグル
  • BUNDOK バンドック
  • COCOON コクーン
  • TICLA
  • OGAWA オガワ
  • エバニュー Eureka Eureka ヨーレイカ
  • レザックス
  • NEUTRAL OUTDOOR ニュートラルアウトドア
  • JPN ジェイピーエヌ
  • SOL エスオーエル
  • AMK エーエムケー
  • BIG AGNES ビッグ アグネス
  • Whole Earth ホールアース
  • トラベルセーフ
  • ハイマウント High MOUNT
  • メイダイ
  • MSR エムエスアール
  • LittleLife リトルライフ
  • VENEX ベネクス

比較表

保温性〇△✖

封筒型 マミー型 人型
収納性
適正 移動距離少ない家族キャンプやオートキャンプ、車内泊 移動距離多いキャンプ、山岳向け、ツーリング、ソロキャンプ 移動距離少ないキャンプ、天体観測
快適性
保温性
適正時期 夏向け 冬向け 冬向け
価格
防御範囲 頭から下のみ 全身 全身
サイズ シングル(一般的)
ダブル
キング
大人用
子供用
大人用
子供用
耐久温度 3シーズン…春~秋向け(5~25℃)、夏用、冬用

ご参考になったでしょうか?本記事は随時情報を追加して更新していきますので時々ご覧になって頂けたらと思います。

一般的な春~秋にかけて家族や友人行くオートキャンプであれば、「封筒型」&「3シーズン」をキーワードに探すと良いと思います。

但し、夏にほぼ平地と変わらない様な場所でキャンプするなら、わざわざ寝袋を買わずにブランケットやタオルケットで寝るほうが良いでしょう。

テントの種類(タイプ)

テント

テントと言ってもいろんな種類があって購入するにも迷いますよね。そこで今回はテントの種類に注目してまとめてみましたのでご参考にして頂ければと思います。

大きく分けて目次にあるように4タイプに分かれます。

 

1.ドーム型テント

ドーム型テント
ドーム型テント

キャンプ用のテントの種類の中で最も定番のタイプと言えるのがこちらの「ドーム型テント」でしょう。キャンプ時の役割としては、就寝のための寝室やそれ以外の時間は荷物を置いておくスペースとして利用することになるでしょう。

各メーカーからほぼ展開があり、大きさのバリエーションも豊富なのでキャンプを行う人数に合わせて選ぶことが出来ます。テントサイトなどでも最も良く見かけるオーソドックスなタイプと言えるでしょう。

メリット/デメリット

ドーム型テントのメリットといえば収納がコンパクトで持ち運びがしやすいという点が挙げられます。もちろん製品によりますが、概ねコンパクトに収納可能のため荷物を抑えたい時などに重宝するでしょう。また設営する場所をあまり選ばずに済むというのもメリットとして挙げられます。

形状的に横からの風を上手く逃がすことが出来るため風にも比較的強いとされていますが、近年のキャンプ用ドーム型テントは大型化が進んでおり、背が高いドーム型テントになるとこの限りではありません。

では反対にドーム型テントのデメリットとは一体何でしょうか。まず挙げられるのは居住性でしょう。構造状半円形になるため居住スペースの端の方は必然的に高さを確保することができないため圧迫感を感じる方もいます。さらにリビングスペースを設けるにはタープも必要となります。

また夏場などはテント内が非常に暑くなりやすいので、夏のキャンプをメインに考えている方であればベンチレーションやメッシュが使用されているタイプのテントを選ぶことをおすすめします。

設営難易度

ドーム型テントの設営はテントの種類の中でも最も簡単な部類に入ります。ほとんどのタイプは2本から6本程度のポールをインナーテントに通して立てる、もしくは立てたポールに引っ掛けるだけ、後はフライシートをかければ完成なので、慣れれば10分程度で出来るでしょう。

女性だけでも十分に設営可能であるばかりか一人でも出来ます。もちろん撤収も簡単なので、キャンプの際の設営を手早くやってしまいたい家族でのキャンプを考えている方にはおすすめです。

2.ツールームテント・オールインワンテント

ツールームテント
ツールームテント

ドーム型テントにリビングスペースを追加した、もしくは一体化しているタイプのテントのことを言います。「ツールームテント」や「オールインワンテント」、もしくは「ハイブリッドテント」、「ロッジドーム型テント」などの呼ばれ方をされます。ドーム型テントなどについている小さな前室とは違い、屋根のついた広々としたリビングスペースを確保出来るため、急な天候の悪化に対してもドーム型に比べて対応しやすいと言えるでしょう。

メリット/デメリット

ツールームテント・オールインワンテントの大きなメリットとなるのは、やはり広々としたリビングスペースが使えることでしょう。大きなタイプのテントを選べばタープも不要でリビングスペースで調理や食事などを楽しむことができます。

また完全にクローズできるタイプのものであれば急な悪天候に見舞われたとしても濡れずに、しかもある程度の寒さもしのげることから、快適に過ごすことができる点も大きなメリットの一つとなっています。

逆にデメリットとなるのが、収納時の状態でかなり重量が重くなりやすいということと、初心者には設営が難しく感じてしまうという点でしょう。またテントサイトによっては区画が制限されているところがあり、レイアウトが限られることもデメリットと言えます。

設営難易度

ツールームテント・オールインワンテントの設営難易度は、ズバリ「脱初心者」といったところでしょうか。極端に難しいというわけではありませんが、シンプルなドーム型テントに比べるとパーツも多く構造も少し複雑になります。

初心者だけでキャンプに行く時には、あらかじめどこかで設営の予行をしておくか、説明書などを見て十分に予習をしておくことをおすすめします。ものによりますが、設営が初めての大人2人で1時間弱、慣れてきて30分程度と考えておくとよいでしょう。

ちなみに、初心者の方だけでなんの予習もせずに説明書を忘れてしまった日には買ったことを後悔するレベルに感じる方もいるようなのでくれぐれもご注意ください。

3.ロッジ型テント

ロッジ型テント
ロッジ型テント

文字通りロッジ、小屋のような形をしたタイプのテントとなります。その見た目はもはやテントというよりも建物に近いと言えるでしょう。一度設営してしまえば長期滞在も出来そうなほどの空間を持っています。もちろん悪天候にも強く雨が降ってきても余裕で対応できるでしょう。大人数のキャンプにも非常におススメと言えます。

メリット/デメリット

ロッジ型テントの最大のメリットは、やはり居住性の高さであると言えるでしょう。側面がほぼ直角に近い角度であることからデッドスペースがほとんどない上に天井も高いので大人でも余裕で立って移動できます。

側面部分を張り出すことが出来るタイプのものもあり、他にタープを用意したり設営する必要がなく、さらに広々としたリビングスペースを確保することで、大人数でのキャンプも楽しむことができるでしょう。

デメリットとして挙げられるのは、収納時の大きさと重量でしょう。正直言ってかなり重たいです。ロッジ型テントを使うようなキャンプには車で行くのは当然としても車に乗せるのも車から降ろすのも一苦労です。

またかなりスペースを必要とするテントとなるので、テントサイトによっては設営するスペースを確保できないということもあり得ます。キャンプの際には事前に確認しておくことを忘れないようにしましょう。

設営難易度

収納時にかなりの重量と大きさがあることを考えると、設営に関しても難しいイメージを持つ方も多いかと思いますが、ロッジ型テントの設営は意外と簡単です。ロッジ型テントは複雑で設営が難しいと説明しているサイトがありますが、かならずしもそうではありません。

まず大きなツールームテントと違ってテンションをかけて張る必要がありません。基本的は屋根を組み立てて幕をかぶせて立たせるだけ。つまり自立させるために複雑な構造が不要です。初心者の方でも意外なほど簡単に組み立てることが出来るので、設営難易度はそこまで高くないと言えるでしょう。

4.ワンポールテント

ワンポール型テント
ワンポール型テント

近年再び流行の兆しを見せているのがこちらの「ワンポールテント」です。 野外フェスなどでも多く見かけるようになっている見た目にもちょっとオシャレなテントです。販売しているメーカーによって様々なデザインのものがあり、モノポールテント、ティピーテントなどと呼ばれる場合もあります。ファミリーキャンプでは他の人とは一味違った雰囲気を演出出来るテントと言えるでしょう。

メリット/デメリット

ワンポールテントのメリットとしてまず挙げることができるのは、重量でしょう。 他の一般的なドーム型テントなどに比べても重量が軽いため持ち運びがしやすいのが大きなメリットとなるでしょう。

その名の通りポールが一本しかないこととで収納時もコンパクトにまとまるものが多いのでツーリングでのキャンプをお考えの方にもおすすめのテントです。

反対にデメリットとなるのは、側面が斜めになっているため空間的な余裕を確保出来ない点と、中心にポールが立つのでテント内で小さなテーブルなどを使う場合に邪魔になりやすいという点などが挙げられるでしょう。

設営難易度

ワンポールテントの設営難易度は、「中級レベル」と言えるでしょう。構造は簡単なので組み立て自体は難しくないのですが、基本的なワンポールテントは自立いないためペグが重要となります。

ペグがしっかりと固定できる場所を選ばなくてはならないことと、安定したペグ打ちが出来ることが重要となるので、経験がある方が設置する方が安定したテントを立てることが出来ると言えるでしょう。

初対面が苦手な方必見!キャンプをしょう♪

アイスブレイクとは

キャンプは必ずしも仲良し同士で行くとも限りません。グループで行き、その中には初対面の人だっているかもしれません。

キャンプって非日常生活と言う特殊な環境下ですが、普段出来ないことが出来てしまう環境でもあります。

食事作るにもマキを集めて、火を起こしと、不便です。その不便さから何も言わなくても皆で手分けして作業を行おうとする団結力が生まれます。

すごいですね。日常生活ではなかなか生まれないものです。その日初対面だった人とも気が付けば一緒に食事の準備をしているではなりませんか。

現在社会の携帯依存症も気が付けばその携帯の存在も忘れかけているのではないでしょうか?

キャンプの魅力ってこういったところもあると思います。

今日はキャンプの中でも信頼関係をいち早く深める手法をご紹介します。

アイスブレイク

その手法の名は「アイスブレイク」と言います。聞いたことありますか?

その名の通り、「氷を砕く!」って意味です。

さらに言うと「まだ溶け込んでいないカチコチな緊張状態を砕いて信仰を深めましょう♪」って意味です。

どうやって氷を砕くのかと言うと、簡単なゲームを行って砕いていきます。

ネット検索でいろいろ出てきますが、いくつかサイトをご紹介します。キャンプ時に限らずやってみるといいと思います。

・ アイスブレイクのいろは

・ ビジネスの場でアイスブレイク

・ アイスブレイク レシピ集

まだまだ探せばありますのでぜひ探してみて下さい。

日本キャンプ協会公認のイベントもありますのでご参加されては如何でしょうか?

Cafe de CAMP【アイスブレイクシェアスル】